服屋の娘、服が無い。

大きくなーれ。

両親の願いという魔法にかかった私は高校生になった頃には167センチまで大きく成長しました。

同じ頃。おしゃれに興味を持ち始めてめくった雑誌の世界。

身長近いし、モデルさんと同じようにこんな風に着よう!!!

初めてのバイト代を手を握りしめて買い物に繰り出した私は、その日におしゃれに挫折を経験することになります。

…丈が足りない。

そして、その日に、「着たい服を着る」夢に拗ねました。

それから20年近くの月日が流れ、トライアンドエラーを繰り返し、

なんとか体を収納し、それなりに着こなす術を私は身につけていました。

そんな服を身に纏い、実家の服屋の会社で働いている。

相変わらず、自分に合う服は無い。

・・・ん?

目の前に服屋がある。というか、私、服屋じゃん。

作ればいいのか。

PathCodeは、そんな一着から始まったのでした。

Please

# INSTAGRAM

New Photo
@path_code Please follow us!!